12/01/2016

ニューヨーク、ホリデーシーズンのチップの目安


1年に1度やって来るホリデーシーズン、アメリカに住む皆さんはアパートの管理人さんや修理をしてくれる担当者などにチップを手渡す習慣がある様です。 


じゃあ、気になるチップの金額は幾ら払えば良いのだろうか?そう考えている人も少なくないと思います。 

今回は地元の新聞に掲載していた支払うチップの目安を書かかせてもらいます。

ペットのお世話をしてくれる人へも当然、チップを渡します、それは例えばドッグウォーカーさんへのチップは、最高で1週間分の給料を渡すそうです。

ベビーシッターさんへは、1日分のお給料分がチップの目安。 

デイケア―サービスに子供を預けている場合は25ドル~75ドル。

家に住んでいるナニー(ベビーシッターや家事手伝いなど)はその人との関係によってチップは異なり、子供の面倒をよく見てくれて感謝しているならチップの目安は1週間分の給料。

駐車場の係員、10ドル~30ドル、但し、1日だけ車を駐車した場合は必要ない場合が多く、ただし、係員のサービス度による。

アパート&コンドミニアムのドアマン、毎日ロビーを通過する度に会うドアマンには、15ドル~80ドルが目安。 アパートの家賃によるものだが、ドアマンの人数分とメンテナンスの人数分などビルの規模によるそうです。

アパートのスーパー(管理人)には20ドル~80ドルが目安。

brickunderground.comによるとアパートのスーパー(管理人)にインタビューした所、1人のスーパーはチップの最高額は1000ドル、他のスーパーは200ドル~350ドルだったそうだ。 2013年

地元紙 am New York 






banner
Previous Post
Next Post